フランス旅行 1日目【成田→ドイツ→フランス】

2019年06月18日

ホテルブリストル

 

初日は移動中心です。

 

スポンサードリンク

 

 

 ★前回の記事

 

 

 

○成田空港からドイツのデュッセルドルフへ

 

 集合時間が朝9時なのですが、住んでいるところの関係で起床は3時半。

 寝坊だけが心配でしたが、期待と興奮ですぐに目覚めました。

 

 事前に送付したスーツケースを受け取り、グローバルWi-Fiをレンタル。

 チェックインを済ませ、飛行機に搭乗。

 久しぶりの飛行機だったため、とても緊張しました。

 

 飛行時間は約12時間。

 直接フランスに行くのではなく、ドイツを経由します。

 

 エコノミークラスでしたが、トイレ近くの開けた席&隣がいなかったため、広々と快適に過ごせました。

 機内食も意外と美味しかったです。

 

 長時間の飛行の末、ドイツのデュッセルドルフ空港に着きました。

 

 

○デュッセルドルフからバーゼルへ

 

 デュッセルドルフの空港に着後、小さな飛行機でバーゼルへ向かいます。

 これは約1時間半の飛行です。

 

 飛行機内で、外国人のおじさんが隣の席にやってきました。
 座る際に「ハイ!」と気さくに声をかけられたのですが、コミュ障の私は「あ、あ……(おじぎ)」と、今思いだしても恥ずかしいような反応をしてしまいました……。

 

 機内で本を読んでいるうちに、あっという間にバーゼルに着きました。

 ここは、フランスとスイスの国境をまたがる空港らしいです。

 

 

○バーゼルからバスでコルマールのホテルへ

 

 現地時間で20時過ぎだったのですが、まだ辺りは明るかったですね。

 フランスはお店が閉まるのが早いようで、レストランや飲み屋以外は閉まっていました。

 

 さて、無事ホテルに着いたのですが……。

 ホテルにはバスを受け入れられる場所がなく、運転手さんがウロウロ。
 困っていたところ、近くで酒を飲んでいた人たちが助けてくれました。

 (とても気さくな人たちで、バス到着時にも手を振っていました)

 特に映画俳優みたいなイケメンが、酒を片手にバスを誘導してくれたのには感動しました。

 

 ちなみに、上にある写真は今回泊まったホテルです。

 

 

○明日から本格的な観光!

 

 1日目はほぼ移動でした。

 

 ちなみに、フランスと日本の時差はー7時間。

 ホテルでベッドに入ったのは現地時間で22時頃でしたが、日本では早朝の五時ということになりますね。

 

 ただ、このときはあまり時差は気にならず、移動の疲れですんなり眠れました。

 (帰国後、時差に苦しめられました)

 

 そして、明日からは観光が始まります!

 

・「花咲く町や村協会」認定、最高ランク4つ花を獲得したコルマールの散策

・リクヴィル散策、ワイナリー見学と試飲!

・アルザスの古都ストラスブール散策(ノートルダム大聖堂など)

 

 上記について、詳しくご紹介したいと思います。

 ここから写真がたくさんになりますので、楽しみにしていてください。

 

 それでは!

 

 

 次の旅行日記へ⇒

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
スポンサードリンク

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

プロフィール


名前:田中静人(かなたん)
得意ジャンル:ミステリー
『このミステリーがすごい!』大賞 超隠し玉「陽気な死体は、ぼくの知らない空を見ていた」でデビューしました。

2作目

デビュー作

ブログランキング・ブログ村

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

スポンサードリンク