【8月6日発売】オタクと家電はつかいよう

2019年07月25日

 

 

 

おまたせしました。2作目は家電ミステリーです。

 

スポンサードリンク

 

 

○2作目は家電ミステリー

 

 

 ※たまに表示エラーが出ます。

 

 

 2019年8月6日に、宝島社様より「オタクと家電はつかいよう ミヤタ電器店の事件簿」が発売します。

 公式のページはこちら

 

 可愛らしい表紙を描いてくださったのは、丸紅茜様です。

  ※作者様のページはこちら

 

 

○どんな内容?

 

「月給20万円。販売、修理、その他なんでも対応します」。

美優は地元で、ミヤタ電器店に貼ってある求人広告を見ていた。

すると店内から社長の宮田が出てきて、急に顔を近づけてきたかと思うと、ドライヤーの買い替えを考えていることを言い当てた。

美優は驚きとともに好感を持ち“なんでも対応”について質問すると、ちょうど美優の近所に住んでいる少年が来店してきて、美優もその“なんでも対応”についていくことに――。

変わり者の店主・宮田とともに町の困り事を次々と解決していく「家電探偵」誕生!

 ※本の紹介より

 

 

 街の電器屋さんを舞台とした、家電ミステリーとなっております!

 

 鋭い観察眼を持つが、人の気持ちがわからない宮田。

 家電についてはそんなに詳しくないけど、人の気持ちには敏感な美優。

 二人は、お互い足りない部分を補いつつ、家電に関する謎を解いていきます。

 

 

○どんな謎に遭遇する?

 

 ・少年が頑なに新しいルータをほしがる理由は?

 ・少女が空気清浄機の説明を拒む理由は?

 ・スマホのバッテリーの消費が早いことを相談しに来た女性と、その友人が抱える真の悩みは?

 ・食洗機の故障が盛り塩で直ったのはなぜ?

 ・ミヤタ電器店の周囲で起こっていた不可解な出来事の真相とは?

 

 上記のような謎を、宮田と美優が協力して解決していきます!

 そして他にも大きな仕掛けが……?

 

 

○この作品を書く前の出来事

 

 実は一年前に、こんな記事を書いていましたね。

  ⇒家電製品アドバイザーの資格を取りました

 

 そう、家電に関する資格を取っていたのです。

 この記事の中で、恥ずかしながらこんなことを語っていました。

 

作家になってから、わたしは己の実力、知識不足を甚だ痛感しました。

なんて自分はからっぽなのだろう。

何もないのだろう。

このまま漫然と書いていても、何一つ実らせることができない。

今の自分の力量では、何一つ良いものが書けない……そう思ったのです。

そこで、興味を持った分野について、徹底的に勉強しようと思い立ったのです。

それこそ、資格が取れるほどに知識を身につければ、多少は創作に役立つだろう! と。

 

 

 今読み返すと、ちょっと自分に酔っている感じがして気持ち悪いですね(´ω`)

 

 

 記事の中では、なぜ家電に興味を持ったのかは触れられていません。

 そのきっかけは、とある家電についての知識を得たことでした。

 

 正直なところ、その知識は説明書にしっかり書いてあります。

 しかしながら、私はかなりの面倒くさがりで、それまで説明書を細部まで読み込むことがなく、「当たり前と思われる知識」を知らなかったのです。

 

 最近の家電って、かなりわかりやすい造りになっていますよね。

 だから説明書を読まなくても問題なく使えるんですよ。

 それはとてもすばらしいことですが、それゆえに大事な情報を知らないまま、ということもあると思うんです。

 そしてこれは私だけでなく、他の人も同様ではないか?

 そういった知識は、他にもあるのではないか……。

 ――と、このような経緯で、家電について調べてみるか! となったわけです。

 

 それゆえ作中では、意外と知らない家電の知識を数多く盛り込んでおります!

 きっとこれを読めば、家電について詳しくなれるでしょう(たぶん)

 

 

○新しい家電がほしくなること間違いなし!

 

 この作品を書いている過程で、たくさんの家電を買いました。

 

 ・食洗機
 ・電気圧力鍋
 ・トースター
 ・加湿器
 ・除湿器
 ・掃除機
 ・洗濯機(これは壊れたから買い換えただけ)

 

 まあ、今回の作品で詳しく取り上げた家電は、ほんの一部だけでしたけどね(´ω`)

 

 でも、家電について調べていると、本当にほしくなってしまうんですよ!

 そして、買ったことにまったく後悔はありません。

 

 実際、家電によって生活はかなり良くなりました。
 食洗機のない生活はもう考えられないですし、圧力鍋のおかげで料理はするようになったし、トースターのおかげでパンも美味しい。
 加湿器は冬に大活躍だし、除湿器も冬や雨の多い時期にはフル稼働。
 掃除機も、今までの重たいものと比べて手軽に使えるので、ちょっとした掃除が便利になりました。
 洗濯機は約十年ぶりの買い換えですが、びっくりするくらい音が小さくなっているんですね。

 

 衝動的に買ったものばかりですが、どれも便利ですばらしいです。

 

 

 きっとみさなんも本作を読めば、新たに家電がほしくなること間違いなしです!(ステマ)

 

 

○書店様へのお願い

 

 本作の色紙を置かせて頂ける書店様は、大変お手数ですがご連絡頂けると幸いです。

 ツイッターのダイレクトメールか、本ブログの右サイドバーにある「お問い合わせ」からお願い致します。

  ⇒ツイッターはこちら

 

 確認の連絡をした後、こちらから郵送致します。

 

 

○おわりに

 

 かなり時間がかかってしまいましたが、なんとか新作を出せて良かったです(´ω`)

 みなさま、ぜひぜひ、読んでみてください!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
スポンサードリンク

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

プロフィール


名前:田中静人(かなたん)
得意ジャンル:ミステリー
『このミステリーがすごい!』大賞 超隠し玉「陽気な死体は、ぼくの知らない空を見ていた」でデビューしました。

2作目

デビュー作

ブログランキング・ブログ村

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

スポンサードリンク