田中静人


驚愕の真実とともに浮かび上がる、恐ろしい動機【黒い睡蓮】

2018年02月23日

 

 仕掛けが明らかになった瞬間、余りにも悲しい真実を突きつけられます。

 

スポンサードリンク

 

 前回の記事にて、ミシェル・ビュッシの「彼女のいない飛行機」を紹介しました。

 今回は同作者による「黒い睡蓮」について書こうと思います。

 

 

* あらすじ *

 

モネの“睡蓮”で有名な村で発生した、奇妙な殺人事件。

殺された眼科医は女好きで、絵画のコレクターでもあった。

動機は愛憎絡み、あるいは絵画取引きに関する怨恨なのか。

事件を担当するセレナック警部は、眼科医が言い寄っていた美貌の女教師に話を聞くうちに、彼女に心惹かれていく。

一方、村では風変りな老女が徘徊し…。

 

***

 

 

 前回の記事にて、「彼女のいない飛行機」が大変面白いミステリーだったことを語りました。

 そして今作。

 前作があまりにも面白かったために、かなりハードルが上がっていました。

 はたして前作を越えるような面白さはあるのだろうか、と。

 

 正直なところ、読み始めは「あれ……?」と思ってしまいました。

 面白くなくはないのですが、前作を知ってるがゆえに、あまりにも雰囲気が違うために戸惑ってしまったのです。

 

 その原因は、「わかりやすい面白さ」があまりなかったから、なのでしょうか。

 前作は、「飛行機事故で、たった一人の赤ん坊が生き残っていた! そしてその子の親族だと主張するものが二組現れて……」と、なんとも強力なフックがあります。

 そして読み始めれば、いくつもの魅力的な展開が次々と起こり、最後まで飽きずに読み進められました。

 マリオカートで例えるなら、「スタートダッシュに成功し、そのまま一位を維持してゴールする」ような、スピード感抜群の読書でした。

 

 しかしながら今回は、冒頭から終盤まで、なんとも地味なのです。

 殺人事件は起きるものの、別に派手な事件でもなし。

 事件を捜査する警部と、容疑者の妻によるロマンスはあるものの、そこまで惹かれるものでもなし。

 前作とは違い、静かに淡々と進んでいる印象でした。

 

 つまらなかったのか、というと、決してそんなことはないのです。

 なんとも奇妙で不可思議な、どこかつかみどころのない事件。

 いったいここでは何が描かれているのか。

 犯人は誰で、この殺人にはどういう意味があり、子どもたちの視点では何が描かれており、老婆の正体は誰なのか……などなど、結末への期待は徐々に高まっていきます。

 言うなれば、霧の中をゆっくりと進むようなイメージでしょうか。

 目的地はわかっているけど、その場所には特に濃い霧がかかっているような。

 

 

 さて、このように書いてしまうと、「この本、外れだったのでは」と思われそうです。

 ですが、決してそんなことはありません。

 むしろ、「黒い睡蓮は前作を遙かに超える面白さ!」と断言したいほどです。

 

 その素晴らしさを味わったのは、真相が明らかになった瞬間でした。

 それまで覆われていた霧が、一気に晴れるような爽快感。

 作中で描かれていた複雑な関係、描写の意味が、まさに一瞬にして明らかになるのです。

 この衝撃と爽快感は、傑作ミステリーを読んだときにしか味わえないものでしょう。

 

 黒い睡蓮の素晴らしさは、それに留まりません。

 真相が明らかになるのと同時に、「途轍もなく恐ろしい動機と、取り返しのつかない悲しい真実」が浮かび上がってくるのです。

 これには、本当に背筋が凍る思いでした。

 それまでの描写、展開の意味が腑に落ちた瞬間、「こんな残酷なことってあるか……」と目頭が熱くなるほどです。

 

 そして、さらにさらに。

 それだけでは終わらないのがこの作品のすごいところ。

 ラストに示されたそれは、本当にもう、「読んでよかった」と思えるほどに胸を打つものでした。

 

 

 前作のような、わかりやすい面白さや、リーダビリティがあるとは言い難いです。

 しかしながら、終盤にかかるエンジンは凄まじいもの。

 マリオカートで例えるなら、「それまでビリに近かったのに、ゴール寸前でキラーとスターのコンボでごぼう抜きにする」みたいな感じです。

 この衝撃と感動は、前作以上であると断言します。

 

 素晴らしいミステリーを読みたくなったら、ぜひ「黒い睡蓮」をどうぞ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ
スポンサードリンク

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

プロフィール


名前:田中静人(かなたん)
得意ジャンル:ミステリー
『このミステリーがすごい!』大賞 超隠し玉「陽気な死体は、ぼくの知らない空を見ていた」でデビューしました。

わたしの書いた本

ブログランキング・ブログ村



にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

スポンサードリンク