作家志望 読書


最高にクールなラスト数行【まるで天使のような】

2017年06月18日

 

オチも素晴らしいですが、何よりも過程が面白かったです。

 

スポンサードリンク

 

 

 今回紹介する「まるで天使のような」という海外小説は、あまり事前情報なしに読んで頂きたい本ですね。

 ――まあ、こういう書き方をした時点で、ミステリー慣れしているみなさんは察してしまうかもしれませんが。

 

 

* あらすじ *

 

山中で交通手段を無くした青年クインは、“塔”と呼ばれる新興宗教の施設に助けを求めた。

そこで彼は一人の修道女に頼まれ、オゴーマンという人物を捜すことになる。

だが彼は五年前、謎の死を遂げていた。

平凡で善良な男に何が起きたのか。

なぜ外界と隔絶した修道女が彼を捜すのか。

私立探偵小説と心理ミステリをかつてない手法で繋ぎ、著者の最高傑作と称される名品が新訳で復活。

 

***

 

 

 タイトル、そして帯の売り文句に引かれて読みましたが、とても面白かったです。

 海外小説、しかもそれなりの長さではありますが、スルスルと読むことができました。

 

 何より素晴らしかったのは、不穏で不可解な状況の魅力でしょう。

 謎の宗教団体との接触、そこで依頼される「オゴーマン」なる人物の捜索。

 そしてたどり着く、「オゴーマン」の死……。

 これにワクワクしないミステリー読みがいますか!

 

 そして絶妙な空気感はラストまで続き、衝撃の真相へとたどり着きます。

 こういった手法は、読書量の少ないわたしでもいくつか読んだことがありますので、目の肥えた読者は、途中で真相に気づくと思います。

 ただ、それによってこの小説の価値が下がることは絶対にありません。

 あの真相の明かし方なんて、最高にクールですよ。

 この小説が出版された時代を考えれば、本当に素晴らしいことだと思います。

 

 

 あまり多くは語れませんが、読んで損なしのミステリーです。

 ぜひぜひ。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサードリンク

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

プロフィール


名前:田中静人(かなたん)
職業:バトルマスター
得意ジャンル:ミステリー

Kindle日替セール

2017/06/24

ブログランキング・ブログ村



にほんブログ村 本ブログへ

最近の投稿

人気記事

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

サイト内の検索

お問い合わせ

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

スポンサードリンク